株式会社サンケー商事

生活インフラのコスト削減

貴社で使用する電力・水道のコスト削減を最も適切な方法でお手伝いします。

インフラコスト削減のすすめ

電気

新電力への切り替え

導入メリット

5~20%削減(初期投資無し)

0円買取型LED照明レンタル

導入メリット

照明電力50~90%削減(初期投資無し)

空調電力削減
  1. コンプレッサー回転数を制御
  2. コンプレッサー稼働タイミング制御

導入メリット

10~20%削減(投資は約2年で回収)

水道

特殊節水コマで水圧を下げずに水量低減

導入メリット

35%削減(初期投資無し)

空調コスト削減のすすめ

貴社でお使いの電力の約半分がエアコン(空調)で消費されている事をご存知でしょうか?(総務省調べ)
例えば、エアコンの電力を20%削減する事で、電力全体の10%削減することが出来ます。

2種類の削減アプローチ

エコアイ

コンプレッサー回転数を制御
全力の乱暴運転から80~70%のスムーズ運転に変更して削減。

導入メリット

デマンド値の低下で基本料金を削減

他には無い特徴

メーカーが太鼓判!
空調メーカーのメンテナンスはそのまま継続可能。

ESCO-ONE

コンプレッサー稼働タイミング制御
30分に1~2回のタイミングで送風運転に変更して制御。
現在、設置されている空調機器を調査し、最適なアプローチを選びコスト削減のお手伝いを行います。

導入メリット

エアコン稼働の制御により従量電気料金も削減

他には無い特徴

生産性向上設備投資促進税制の対象となり、50%の特別償却または4%の税額控除の対象。期間H28/4~H29/3まで

電気代を見張る、快適を見守る。

ECO-EYE

エコ・アイ

地球と企業、そしてお客様にヨロコビを。

地球温暖化をはじめ、東日本大震災以降のエネルギー事情の変化によって、省エネルギー対策は企業にとって大きな課題となっています。

ECO-EYEは、自動的にインバーターモーターの回転数を下げて消費電力を削減することで、空調における節電・コスト削減ニーズにお応えし、地球環境と企業経営の視点から、企業をバックアップいたします。

ECO-EYEなら、快適空調のまま電気料金を約30%削減。地球と企業とお客様にやさしい環境をご提供いたします。

エアコンメーカー各社(ダイキン、パナソニック、日立、三菱、東芝など)の保障・メンテナンスを継続して使用可能です。

電気を「見張る」便利な機能を装備
  • 各エアコンのデマンド状態を表示します。
  • デマンド運転開始・終了時刻の設定、運転の解除ができます。
  • タッチパネルでラクラク操作。

コスト削減

コストを抑制して
企業にもっとヨロコビを

省エネ

エネルギーの使い方を工夫して
地球にもっとヨロコビを

快適性

使用電力を減らして快適さはキープ
お客様にもっとヨロコビを

電力消費は、空調がもっとも多い。

一般的な卸・小売店における用途別電力消費比率
出典:省エネルギー庁推計

店舗やオフィスの電力使用量は、
空調の占める割合が非常に大きくなっています。

電気料金を削減するには、
空調にかかる電力を抑えることがポイント。

※ビル・テナントの場合、公害の店舗型では59%を占めます。
(店舗の使用状況によって多少異なります)

デマンド値を制することが、電気代を制する。

高圧電力のメーターは30分毎の電力の平均値を計算しています。
これをデマンド値といい、1か月の中で一番大きいデマンド値を最大デマンド値といいます。
そして1年間においての最大デマンド値が、次の1年間の契約電力となります。

このデマンド値を抑えることが、契約電力削減への近道

ページの先頭へ戻る